SiteMap

自毛植毛のメリットとデメリットを確認する

壁にもたれる男性

自毛植毛とは後頭部や側頭部にある自身の髪の毛を皮膚ごと薄くなっている前頭部に移植する手術です。自身の毛を移植する手術なので他の移植手術と比べると違和感のない仕上がりになるのですが、この手術はいい事ばかりではなく、デメリットになる要素もいくつか存在するのです。ここでは自毛植毛についてのメリットやデメリットについて紹介していきたいと思います。
・メリット上記でも説明しましたが、仕上がりに違和感があまりなく、カツラではないので半永久的な効果が期待できます。術後の傷跡も半年もすれば薄くなるものなので、より自然な仕上がりになります。・デメリット後頭部や億頭部に傷跡が残ってしまいます。これらは髪が生えることにより隠れて目立ったなくなるものですが、スキンヘッドなどの髪型をする際には傷跡があることで躊躇してしまうかもしれません。
それと、自毛植毛手術後に前頭部に移植した毛が定着せずに抜け落ちしまう事例もあり確実な成功率がある手術ではないのです。それでも全体の9割の方は定着に成功しているので成功率は高いです。術後に瞼や頭皮が腫れるのでこれらの痛みに耐えることも視野に入れないといけません。頭皮にメスや針を入れる手術であり、気軽には行えない物ということを理解しておいてください。

自毛植毛の料金についてご紹介

自毛植毛は、とても効果のある薄毛治療です。ですが、その分かかる料金は、他の植毛や薄毛治療よりも高くなりがちです。自毛植毛がどのくらいかかるかは、人によって違います。まず、植毛する範囲によって、料金は大きく違います。通常、クリクックでは、植える髪の本数によって料金が決まります。薄毛の部分が多いと、植えなければならない本数も多くなってきます。
逆に、範囲が狭い場合や女性の自毛植毛は、本数が少ないので、比較的料金は安くなります。薄毛のタイプによって、必要な髪の数も変わってくるので、一度クリニック必要な髪の数を調べてみましょう。クリニックによっても、料金は違います。基本治療の料金と、髪の毛一束当たりの値段を確認しましょう。複数のクリニックの値段を比較してみると、料金の相場がなんとなくわかります。
また、自毛植毛には、2種類の手術法があります。メスを使わないで行う手術は、傷を気にしなくていいのがメリットですが、お値段は若干お高めです。料金を比べてから、受ける手術を選択しましょう。自毛植毛は、お値段はかかりますが、一度行うだけで大きな効果を得られます。結果、他の薄毛治療を行うより、安く済む場合もあります。他の方法で効果を得られなかった人は、自毛植毛を検討てみましょう。

自毛植毛は受けた後に髪の毛は抜けないの?

自毛植毛は治療費100万円以上かかることがあり、決して安い薄毛治療ではありません。そのため手術後に植毛した髪の毛が抜けてしまわないか心配になることがありました。高額な治療費をかけても抜けてしまったのでは意味がありません。しかし自毛植毛を受けた後に髪の毛が抜けてしまうと言う心配は少ないです。それは生きている毛根ごと植毛している上に、定着率が80%以上90%以上と高いからです。
自毛植毛では後頭部にある髪の毛を採取し、額の生え際や頭頂部と言った薄い部位に植毛しています。AGA男性型脱毛症は毛乳頭に含まれている5αリダクターゼ2型と言う還元酵素が原因となっています。この還元酵素が男性ホルモンのテストステロンと結合すると、脱毛作用のあるDHTへと代謝されます。このDHTが毛乳頭と結合すると毛根の働きが弱くなり、髪の毛が細く弱弱しくなっていきます。
しかし自毛植毛で採取している後頭部の毛乳頭にはAGAによる影響を受けにくいと言う特徴があります。そのため毛乳頭の働きによって毛母細胞の分裂が正常通り進みます。ただし定着率は医師の技術力によって左右されることがあります。限られたドナーを無駄にしないためにも、技術力の高い医師から自毛植毛を受けたいところです。

メニュー

サングラスをかけた男性

自毛育毛とは?

植毛という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。薄毛で悩んでいる方が、植毛によって薄毛の部分に髪の毛を甦らせる手法ですが、自毛植毛という言葉…

MORE ▶
新聞を読む男性

薄毛に悩まされているなら自毛植毛を

薄毛の悩みを抱えている方は少なくはないと思います。薄毛の原因は様々ですが、ほとんどの場合は部分的な薄毛から進行していくことが多いのではないでしょうか。最近…

MORE ▶
短髪の男性

自毛植毛は画期的な治療法

薄毛治療には様々な方法がありますが、その中でも昔から行われている手法が自毛植毛です。髪の毛の多い部分の頭皮から、薄い頭皮へと移植するということもあって、か…

MORE ▶